ACマインズ

ACマインズは、ロータス・ケーターハム・モーガンの正規ディーラーです。

TEL.0564-32-1748 FAX.0564-32-1844

〒444-0931
愛知県岡崎市大和町北組郷中103-1

NEW CAR LOTUS EXIGE SPORT 350

NEW CAR LOTUS EXIGE SPORT 350

エルシーアイ株式会社(代表取締役社長:高橋 一穂、東京都大田区)は、2016年8月1日より、全国の正規販売代理店に於いて、ロータス・エキシージ スポーツ 350、ロータス・エキシージ スポーツ 350 ロードスターの販売を開始致します。

■ 以前のエキシージSよりも51kgもの軽量化に成功
■ 0-100km/hは、3.9秒、トップスピードは274km/h(ロードスターは、233km/h)
■ タータンインテリアを含む、新規のインテリアカラーとトリムオプションをご⽤意

世界にその名を誇るクラス最高のクルマ、数々の賞に輝くスポーツカー、エキシージの究極の進化形として、これまで以上に軽量、かつ最速の最新モデル「エキシージ スポーツ350」が登場しました。

エキシージ スポーツ350は、エリーゼ スポーツや、エリーゼ スポーツ220と共に、広く愛された「スポーツ」の名称を再び冠して発売されたモデルのひとつです。―さらに軽く、より性能にフォーカスしたドライビングを体感して頂けます。

エキシージ スポーツ350には、ロータスの軽量押出アルミシャシー構造と、力強く、空気力学的効率の高いコンポジットボディが採用されています。ロータスの強みにフォーカスし、純粋にパフォーマンスだけに目を向けて開発されたこの2シーターモデルは、従来のモデルよりもシャープでダイレクト、他の追随を許さない体験をドライバーに約束します。

16ExigeSport350 (4)_R

ロータスが生み出したエキシージ・スポーツ350の重量はわずか1125kg。エキシージS よりも51kgの軽量化に成功しました。また、ロードスターは、クーペから更に10kgをそぎ落とし、アイコン的スポーツカー、エキシージを最軽量にしたバージョンとして、車両重量を1,115kgにまで削減しました。
純粋なドライビング体験を追求し、ロータスのエンジニア達がエキシージSの全てのパーツを計量し、究極の軽量化を目指しあらゆる面から再検討を⾏ったことが、この質量削減につながりました。ルーバーを装着したテールゲートパネルの導入、軽量化したバッテリー、軽量のエンジンマウント、シフトノブを露出したセンターコンソール、HVACパイプの軽量化、そして防音材の最適化など、その成果は広範囲に及びます。

グループロータスのCEO ジャン=マルク・ゲールズはこう述べています。「ロータス・エキシージは既に世界最高のスポーツカーとして評価されており、公道とサーキットの両方において、性能と操作性のベンチマークとされています。驚異的なスピードを誇るクルマをさらに速く、よりダイナミックに、そしてさらに純粋にしたのが、エキシージ『スポーツ350』です。ロータスのデザイン哲学である「より軽く、より速く」を完璧に体現する一台です。」
3500cc のV6スーパーチャージャーエンジンは350PSで最⼤トルクは400Nm/4500rpm。走行時はエキサイティングでプログレッシブなパワーを見せつけてくれます。また、改良されたサスペンションのチューニングとホイールのジオメトリーが車体の比類なきダイナミクスと正確無比なステアリングを実現しています。軽量化したボディにこのパワーとトルクを搭載したロータス・エキシージ「スポーツ350」は、わずか3.9秒で100km/hまで到達可能であり、トップスピードは時速274km/hを誇ります。

16ExigeSport350 (5)_R

マニュアルのギアボックスには大きく手を加え、より正確で素早いシフトチェンジが可能になりました。ギアシフト機構に使用されている軽量の切削・鋳造アルミパーツは機能と美しさを備えており、トランスミッショントンネルに収めずオープンゲートのデザインで魅せる設計になっています。またこれはさらなる軽量化にもつながりました。
また、ロータス・エキシージ「スポーツ350」には、ステアリングの後部に設置されている鍛造アルミパドルで、マニュアル操作もでき、完全オートマチックモードでも運転できる6速オートマチックのご用意もあります。ギアボックスのオートマチックコントロールパネルは、コックピットのセンターコンソールに整然と組みこまれ、パーキング、バック、ニュートラル、ドライブのボタンで操作します。シフトアップは240ミリ秒、シフトダウンもオートマチックのスロットル・ブリップで素早く実行可能です(スポーツモード時)。また、オートマチックを選択すると、エキシージ「スポーツ350」のスピードはさらにアップします。マニュアル車で3.9秒を要する0-100km/h 加速が、コンピューターによるギアチェンジの最適化によって3.8秒に短縮されます。

エキシージ「スポーツ350」は空気力学に基づいたスタイリングで、時速160km/hで42kgのダウンフォースを実現します。リアウィングとフラットな底面が、驚異的な空気力学性能と絶妙のバランスの操作性の鍵となっています。
エキシージ「スポーツ350」のサスペンションは硬めのダンパーと改良されたジオメトリーにより反応性が高く、低めの重心や4ピストンのブレーキキャリパーの効果も加わって、ロータスのテストコースでエキシージSよりも2.5秒速い1分29秒8のラップをたたき出しました。これは、ロータス史上初めてかの有名なヘセルのテストコースのラップが1分30秒を下回った記録です。

ロータスのエレクトロニック・スタビリティ・プログラム(ESP)には、「ドライブ」、「スポーツ」、「レース」、「オフ」の4つのモードがあります。「スポーツ」及び、「レース」モードは、トラクションスリップの閾値がより高く、制御が入るまでのドリフト角がより広くなります。また、このシステムは、エンジンのエグゾーストバイパスバルブを中速から高速のエンジンスピードで開きます。「スポーツ」「レース」及び「オフ」モードでは、スロットルの反応性が高くなります。
ESPシステム(「スポーツ」及び「レース」モード)には新たに大型スイッチが導入され、ヘッドライトやリアのフォグランプのボタンが新設されたエンジンスタートボタンと共にマウントされています。

従来型のグラステールゲートに代わって軽量で強度・剛性の高いリアルーバー付きテールゲートを採用し、重心をさらに低くするだけでなく、エンジンベイの放熱性も高めました。これは、1980年にロータス・エスプリ「ターボ」に最初に採用された機構です。
エキシージ「スポーツ350」のオプションには、軽量鍛造アルミホイール(車両重量がさらに5kgダウン)、オーディオ、カーペットや防音システムなどのご用意があります。シートとドアのトリムは、アルカンターラ、レザー、タータンからお選びいただけます。全てを最軽量のオプションで組み合わせた場合、エキシージ「スポーツ350」の重量は、1,115 kgとなります。
リアウィング、フロントアクセスパネル、ルーフパネル、ウィングミラー、リアトランサムは、標準装備では「スポーツ350」のアグレッシブなスタンスに合わせたマットブラックですが、無料でボディカラーと同色することも可能です。
新しいトリムパックのタータンインテリアは、レッドまたはイエローの軽量スポーツシートやドアパネルで、キャビンに伝統的な風を吹きこみます。(レザーやアルカンターラのインテリアトリムもオプションでご用意しています。)
タータンを導入したのは1976年のロータス・エスプリS1であり、当時のファッションと合わせた大胆な個性の演出でした。そして今、新しいエキシージ「スポーツ350」もそのデザインをまとっています。

16ExigeSport350 (6)_R

ジャン=マルク・ゲールズはさらにこう述べています。「我々の伝統の中で最も重要なのが軽量さであり、今後のロータスもエヴォーラ400、エリーゼ『スポーツ』、そしてもちろんエキシージ『スポーツ350』の路線を踏襲することとなります。
すべてが従来モデルよりも軽量化、高速化に成功したモデルです。過去15年にわたってロータス・エキシージのあらゆるモデルが、メディアによる比較テストにおいてより高価な競合のスポーツカーをしのぐ評価を獲得してきました。エキシージ「スポーツ350」もこの伝統を継承してくれるものと自信を持っています。」

ロータス・エキシージ スポーツ 350 価格:
■エキシージ スポーツ 350 : 9,720,000円(消費税込)
■エキシージ スポーツ 350 ロードスター: 9,720,000 円(消費税込)

エルシーアイ ウエブサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »