ACマインズ

ACマインズは、ロータス・ケーターハム・モーガンの正規ディーラーです。

TEL.0564-32-1748 FAX.0564-32-1844

〒444-0931
愛知県岡崎市大和町北組郷中103-1

ACスタッフSのAC日記

ACスタッフSのAC日記

こんにちは‼

ACマインズ 営業のS野です。
この度、日記を書く事になりました。

今後、ちょこちょこ日記を投稿していきたいと思いますので、楽しんで頂けたら幸いです。

記念すべき最初の日記。

7月27日にLCI様主催のLOTUS TRACK DAY in SUZUKAに参加させて頂きました。
今回は、弊社のEXIGE  SPORT350で、ノーマルコンディションと開発中のニューパーツの比較を取るべく最初の走行となります。

前日まで、怪しい天気予報でしたか無事に晴れて、データを取るのにベストなコンディションとなりました。

弊社のEXIGE SPORT350には、海外のレースで多くシェアされているAimがロータス専用に開発したデーターロガーメーター、MX2Eに交換し他にも専用の車載カメラも取付けました。

データーロガーは、自分の走り方が分かるだけでなく、車のセッティングを出すのにサーキット走行をする方に重宝されるアイテムとなります。(現在MX2Eは、半導体不足により、オーダーストップ中です)

前日に足回り等のセッティングをメカニックS木がバッチリ合わせてくれました。

走行は、30分の走行が2本。

今回のメニューは、1本目のノーマルコンディションでの走行後、2本目の走行前の1時間の間に新品タイヤ交換(YOKOHAMA A050)/開発中のショック交換/アライメント調整/リアのブレーキパッド交換(DS1 11)とかなりハード…営業のS野は、足手まといにならないかドキドキ。

ドライバーは、メカニックS田。
過去にロータスカップを3年連続チャンピオンになった程の腕前。

まず1本目の走行開始。

徐々にペースを上げて、クリアラップが取れなかった状況で最速タイムは、2分33秒277とまずまず。S田は、30秒は行きたかったなぁとコメント。

帰ってきて休む間もなく、急いでパーツ交換‼
即座にメカS木が、作業開始‼

普段、静かでクールなS木とは思えないスピーディーな動きに驚く営業 S野は、S木の指示に従いまごまごとサポートしてる中、走り終えたS田も加入。

兎に角、二人の動きが早い‼

汗だくになりながらも、無事に2本目の走行に間に合いS田は急いでレーシングスーツに着替え、そのまま2本の走行開始。

猛暑の中、営業のS野は、サポートだけでもクタクタなのに、S田は涼しい顔で1本目を走り終え、パーツ交換をして、また走る。
流石、世界一過酷な耐久レース、ニュルブルクリンク24時間耐久を何度も経験してるだけあるなぁと驚き。

2周目で早くも2分26秒216‼

S野もS木も顔を見合わせ、声を上げてしまいました(笑)

2本目も1本目同様にクリアラップが取れぬまま、走行終了。

帰ってきたS田は、真夏のコンディションでも25秒を切れないと話にならん‼とイマイチな顔。

そもそも、普段練習もしてないのに、パッと乗って26秒台で走れるのが凄いと思いますが…。

最終的に全体の総合タイム結果はというと…1番でした‼
2番の方と4秒程速いタイムで、終える事が出来ました。

パーツを変えた結果として、まずブレーキパッドを何故リアだけ交換?と思った方はいると思います。

サーキット走行でブレーキングの際に、ロータスの特性としてフロントのブレーキの効きが強く出てしまい、アンダーステア気味になってしまいます。

そこで、リアをより効きの強いパッドにする事により、イメージで例えるとリアに過重を引っ張ってくれる(伝わりますでしょうか…)。

よってフロントとリアのブレーキバランスが整い、よりコーナリングが走りやすくなるのです。

そして開発中のショックは、ノーマルより良いのは当然。ですが、初めてのサーキット走行なのもあり、煮詰めればもっと良くなる事間違いなし。

タイヤはというと、A050は言わずもがな一発の速さを出せるタイヤ以上‼。です。

次回予告として、現在V6用のLSDを組み、8月24日のACマインズ鈴鹿走行会に向け調整中なので乞うご期待‼(走行参加枠はあと少しです!)

また、今回の走行動画を近日アップします。

それでは、次回のS野のAC日記をお楽しみに☻

このエントリーをはてなブックマークに追加

«