ACマインズ

ACマインズは、ロータス・ケーターハム・モーガンの正規ディーラーです。

TEL.0564-32-1748 FAX.0564-32-1844

〒444-0931
愛知県岡崎市大和町北組郷中103-1

CATERHAM 130(160)初試乗

CATERHAM 130(160)初試乗

AUTOCARにCATERHAM 130(欧州向け160)の試乗記が掲載されています。 

歯に衣を着せない英国らしい辛口なインプレッションが随所に見られますが、ハイパフォーマンスを求めた最近のCATERHAMとは違うドライビング・プレジャーを持つ車として締めくくられています。ご購入を検討されている方には大いに参考になるのではないでしょうか?

AUTOCAR JAPAN ウエブサイト
http://www.autocar.jp/firstdrives/2014/01/04/62356/

CATERHAM 130の日本仕様とオプション等はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメント

  • やっぴぃ より:

    このインプレッション、素人ですね。
    先入観とか憶測で記事を書いている気がします。

    フォーミュラーKeiも知らないのでしょう。
    この重量ならK6Aのパワー、持て余すと思います。

    パワードリフトできないとかいいながらタイヤが細いとかLSDが無いとか、矛盾してますよね。

    こんなに軽いボディにハイグリップタイヤなんか履いたら、軽すぎてグリップしない上に、変なきっかけでグリップしてキョロキョロ振り回されて、納まりが悪いことくらいわからないのでしょうか。

    「商用車用のアクスルをいくら華やかに飾り付けても、このクルマの品格を保つことはできない」

    支離滅裂ですね。

    実績ある耐久部品を内部に使用しているわけで、ケータハムが選択してパッケージしたわけですから、そのまま受け入れるべきです。

    その完成度が高いから話題になっているのに。

    ということで、売れるでしょう。
    応援してます。

    • admin より:

      コメントありがとうございます。

      恐らく翻訳の言い回しにも問題があるのでしょうが、とにかく一度は文句を言わないと気のすまない性質の人なのかも知れませんね。

      私個人的には、かつてのLOTUS SEVEN Sr2の再来を期待せずにはいられません。
      クラシックカーを現代の基準で語る事は出来ませんが、スペック的にはかなり近いものが有りますので、逆に完成度の高さや信頼性等では気軽に乗れるナローSEVENといったとらえ方が出来れば、新しいジャンルのCATERHAMを選べるというのも非常に有りだと思います。

      それにはまず乗ってみたいと思うのが人情ですが、デモカーは4月ごろに入荷予定です。
      じっくりご検討中の方はもうしばらくお待ち下さい。

      • やっぴぃ より:

        実際、JPE乗りの知人が、「峠で、アルトワークスが着いてきた!」と、興奮していたのを憶えています。

        基本は法定速度で、綺麗に走って素直に楽しい。たまにサーキットでストレス解消。

        フレイザークラブマンじゃない本物のセブンに、元気なK6Aが載っかってるわけですから、期待しています。

        • admin より:

          私も友人でアルトワークス使いがいたのを思い出しました。
          助手席で軽い恐怖感を憶えた記憶が有ります。
          スズキのターボエンジンの実力は侮れないですね。

          そう考えればSEVEN 130のライトウエイトスポーツカーの素質はかなりのものなのかも知れません。

          軽さを武器にして存分に操れてより大パワーの車を追いかける、といった楽しみ方が出来そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です